有害鳥獣を特産品に

有害鳥獣を新たな特産品に

害獣駆除とは一般的にシカやイノシシなど農作物などを荒らす動物を駆除する事を言います。害獣駆除は猟師の方が罠や鉄砲を使用して行う事が多いです。これまでは駆除した後、捕らえられた動物は処分されるだけでした。しかしここ最近では新たな取り組みが話題になっています。駆除した動物を使って、新たな特産品を生み出す自治体が増えてきています。いわゆるジビエ料理と言われるもので、多くはシカやイノシシの肉を加工、調理したものです。こういった料理は古くから地方ではよく食べられていましたが、一般的にはなじみのないものでした。農作物を荒らす動物を駆除し、なおかつ特産品とする事でまさに一石二鳥の方法です。これにより害獣駆除をする人も増えてきています。

ジビエ料理や加工品を手に入れるには

害獣駆除を行っていて、なおかつジビエ料理の文化のある自治体は限られています。多くは山間の自治体が多いのですが、これを特産品としている自治体はさらに範囲が狭まります。インターネットでジビエ料理と検索すれば該当の自治体を調べることができます。通販を行っているところもありますし、比較的手に入れる事は簡単だと思われます。また、最近では都市部でもジビエ料理を提供するお店が少数ではありますが存在しています。有害鳥獣のレシピは一般的にはあまり知られていないので、手軽にジビエ料理を食べたいならば、提供しているお店を探して食べに行く方が簡単です。はじめは抵抗があるかもしれませんが、一般的な食肉にはない旨味に虜になる人も多いです。