• 有害鳥獣を特産品に

    害獣駆除は一般的に、農作物を荒らすイノシシなどの動物を駆除しています。害獣駆除で行われる方法の多くが、罠や鉄砲を使用して行っています。また、最近では新しい取り組みが行われています。

    Read more
  • 業者に相談

    害獣の被害は時には、大きな損害にも繋がります。糞尿などは、とても悪臭があることから、衛生面でも心配されています。駆除の対応が遅れると、被害が拡大してしまいます。

    Read more
  • 被害を抑える

    害獣がもたらす被害は、住宅などの設備だけではありません。糞尿などから発生する、感染病やダニから健康被害も出る場合があります。駆除を行う際は、業者に相談しましょう。

    Read more
  • サービス内容の違い

    害獣の侵入を放置したままにすると、被害は拡大してしまいます。ホームセンターなどでは、害獣駆除の対策が出来る商品が販売されています。またこれらは、費用が掛かります。

    Read more

ネズミの繁殖

人気が高い鳩駆除の業者がこちらです。豊富な実績で培われたノウハウで、害獣をしっかり退治してくれますよ。

毒餌をどこに設置すべきか

昔からネズミと言えば繁殖力が高い動物として知られており、ペットとして飼う場合も細心の注意が必要です。男女ペアにしておくとアッと言う間に増えてしまいますので、飼い主のコントロールが欠かせません。ネズミは一回の出産で産む個体の数が多いだけでなく、成熟が早い動物です。従って家に棲みついたネズミを放置した場合、短期間で何十匹世帯に増えてしまう事もあるのです。こうした事態を避けるために、一匹でも家の中でネズミを見た場合はネズミ退治グッズを購入するようにしましょう。ネズミ退治のために毒餌を設置する場合、ネズミの生態系を良く把握する努力が欠かせません。ネズミは「餌場」や「運動場」、また「トイレ」などを使い分ける存在です。毒餌を設置する場合、糞尿がある場所ではなく、餌場を見つけて設置するようにしましょう。

ネズミ退治は業者に依頼すべきか個人で行うべきか

ネズミ退治を一般的なネズミ退治業者に依頼した場合、一戸建てであれば120,000円〜200,000円ほどの費用がかかるのが一般的です。一方、近年人気の格安ネズミ退治業者であれば、一度の退治を10,000円以内におさめられる場所も珍しくありません。ネズミ退治のクオリティは「値段」が全てではありませんが、できるだけ安価に抑えたい場合、こうした業者を使用するようにしましょう。ちなみに個人的に市販の毒餌を購入する場合、700円〜2,500円ほどで購入する事ができます。毒餌は、ネズミが食べるまで根気強く設置し続ける事が大切です。警戒されないように、一度設置した場合は動かさないようにしましょう。特に人間の匂いをつけない配慮が大切です。